自信過剰とは?

 

自信とは思い込みのことだ。ある選手がシュートを打つ時、
理屈では入る可能性も外れる可能性も両方ある。
自信家はそこで外れる可能性を無視して「入る」と思い込むことができる。
彼には理屈など関係ないのだ。
どうすればこのような理屈を無視した心境に至ることができるのだろうか。

実力と自信の関係は単純な相関関係にはない。失敗の可能性を知って不安を抱くのは、純粋なイメージの働きだ。優れた体格と技術を持っていても、自信のない選手はいるものなのだ。
19642_400

自信の仕組みを知るには、何が人の思い込みを強化するかについて考えよう。階段を昇る時、底が抜けてしまうことを心配する人はいない。だがよく考えれば、底が抜ける確率は0ではない。しかし私たちは過去の「底が抜けなかった」という何万回もの体験を経て、階段の底が抜けるはずがないと思い込むことに成功している。つまり、自信は「成果」を重ねることで強化される。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中