一冊の書物

人生は一冊の書物

『人生は一冊の書物に似ている。馬鹿者たちはそれをペラペラめくっているが、賢い人間はそれを念入りに読む。

なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから。』